証券会社への好意をもたれる志望動機は

自分が株式取引などを行っていて、その趣味が高じて証券会社への就職を考えられる方も少なくありません。
しかし面接の場合にその志望動機をそのまま話したのでは、少々印象が悪いと言わざるをえないでしょう。
まるで自分が儲けたいが故に、その証券会社を志望したというようなものなのですから。
あまりにも嘘っぽい動機を話すのも考えものですが、ある程度は割り切って良い答えをしなければなりません。
証券会社の場合は、お客さんとの信頼関係を築くこと、やりがい、日本経済の鍵を担う存在である、などの点を絡めた志望動機にすると好意をもたれやすいのではないでしょうか。
もちろん台本のような文章ではなく、自分自身の言葉でしっかりと伝えることが最も重要です。
マネックス証券手数料比較!口座開設キャンペーン実施中