転職サイトで人気なのは薬剤師なの?

薬剤師求人の業種は数多くあります。
私たちに馴染みがあるのは、病院に行くと貰う処方箋をもとに薬を調剤してくれる調剤薬局や、風邪薬や頭痛薬を購入する時にアドバイスをしてくれるドラッグストアなどです。
その他には、新薬の開発、治験モニター・臨床モニター、MR(医薬情報担当者)、DI業務などがあります。
まだ世界に存在しない新しい薬を開発するということは、企業にとって莫大な費用がかかります。
社命をかけた製品を生み出し続けるということは、高い能力とモチベーションを持ち続けられる人物が求めらます。
新薬が開発されると治験が行われます。
治験の医療機関を選定し、進捗の確認、そして治験データの収集まで行うのが治験モニター・臨床モニターです。
企業が持つ自社製品を適正に使用してもらい、その副作用を収集するのがMRです。
他社製品と比べて自社製品にはどのような特徴があるのか。
など常に勉強が必要な業種だと言えるでしょう。
開発、治験、服用、それらのあらゆる段階での情報を収集し、集めた情報を企業だけでなく、病院や厚生労働省などの行政機関に情報を発信するのがDI業務です。
この他にも、健康食品の販売会社での問い合わせ対応業務や化粧品会社での薬事法に基づく表示事項の管理など、薬剤師の仕事は専門性が非常に高い業務です。
薬品のスペシャリストとしてどのような道を歩んで行きたいのかを決め、十分な情報収集を行うことも大切だと思います。
http://www.yakuzaishi-oshigoto-sagasu.com/